SANZUI vol.04_2014 early summer

特集 変身

舞台の魔法
たとえば、男が女になる。たとえば、女が男になる。
たとえば、若者が年寄りになる。たとえば、現代人が未来人になる。
舞台の上で、ドラマの中で、さまざまな演者が、
鮮やかな「変身という魔法」を見せてくれる。
華やかな「変身という魔法」で魅せてくれる。
しかし、それは、魔法などという簡単なものではなく、
演者の一生における努力の結晶であり、
変身しても変わることのない強い意志であることをあなたは知るだろう。

でんぱ組.inc秋葉原から世界へと羽ばたくでんぱ組.inc
6 人を無敵のアイドルに変身させるライブの魔法とは?

Photo / Ko Hosokawa   Text / Taisuke Shimanuki

秋葉原の一角にある「秋葉原ディアステージ」からスタートし、今年5月には武道館での単独ライブを行うアイドルグループ「でんぱ組.inc」は、メンバーの6人それぞれがアニメ、マンガ、ゲーム、コスプレなどのコアなオタク。アイドル活動とオタク趣味を前向きに両立させる姿勢が、秋葉原に集う同世代の若者たちの共感を集めている。

一般的にアイドルというと「私生活は秘密」というイメージがあるが、でんぱ組.incはオフの使い方もひと味違う。

瑛美「オフの時間は、オタク活動に使える貴重なチャンスなのでムダにしません。取材前に少し時間が空いたので、一人カラオケでアニソン歌ってきました!」
もが「オタク同士だから、プライベートの時間の大切さを理解し合っているんだよね。それぞれが好きなことをする」
未鈴「今日は、ゲームセンターに行って、渋谷でつけ麺を食べてから来ました(笑)」

遠い世界にいる、絶対に手の届かない存在。今までのアイドル像をひっくり返す自由さが彼女たちの魅力だ。だからと言って、彼女たちにアイドルとしての自覚が欠けているわけではない。でんぱ組.incの普段の活動が日常(オフ)と地続きだとすれば、大勢のファンを前に非日常の空間を作り出すライブは、特別な「オン」の時間だと全員が声をそろえる。

彩音「開演前に円陣を組んで『よっしゃ行くぞー!』って拳を掲げるんです。その一瞬で世界が180°回転する気がします」
もが「本番には魔法がかかってる。リハーサルでは酸欠になっていたのに、ステージに上がると全然疲れない。無敵状態!」
瑛美「舞台衣装を着るのもテンションが上がるよね。普通の女の子が変身して世界を救うっていうアニメを子どもの頃に見ていたけど、主人公の気持ちが分かる」
ねむ「ライブって温泉みたい(笑)。自分の中に溜まっていたものが外にデトックスされて、ファンのみんなが放出するパワーをもらって元気になります」
梨紗「信頼できるメンバーがいて、ファンの人たちが『楽しもう』という気持ちを持って来てくれることで、ライブは特別な空間に変わります。私たちも変身してるけど、ファンのみんなも普段とは違う自分に変身していると思います」

テンションを高める衣装やメイク。メンバーへの信頼。ファンとの絆。キラキラと輝くものや人の力を借りて、6人はアイドルに変身する。そして、そんな自分自身に、彼女たちは大きな自信を持っている。

未鈴「6人がそろえば、お客さんを絶対に楽しませる自信があります。一人では不安になることもあるけれど、ステージにみんなでいる瞬間は無敵のアイドルなんです!」


PROFILE 「秋葉原ディアステージ」からスタートし、多彩な活動を展開するアイドルグループ。東京コレクションや、ファッションデザイナーのミキオサカベら様々なクリエイターとのコラボレーションを活発に展開。国内のみならず海外からも注目を集める。最新シングル「サクラあっぱれーしょん」は、オリコンウィークリー3位を記録。5 月には初の武道館ライブが決定している。(※情報は発行当時)

SANZUI休刊のおしらせとアンケートのお願い

読者プレゼント・アンケートはこちらから


SANZUIの著作権は、特に明記したものを除き、すべて公益社団法人日本芸能実演家団体協議会
実演家著作隣接権センターに帰属します。
営利、非営利を問わず、許可なく複製、ダウンロード、転載等二次使用することを禁止します。

関連記事