放送番組等で実演を利用する場合

芸団協CPRAは、文化庁長官指定団体および著作権等管理事業者として、以下のような場合の使用料・報酬等を放送局、有線放送局等の利用者から徴収し、権利委任団体を通じて権利者に分配しています。

放送・有線放送で利用する場合

Ⅰ.文化庁長官指定団体業務:商業用レコード二次使用料の徴収・分配

放送局、有線放送局は、商業用レコードに収録された歌唱、演奏などの実演(レコード実演)を放送又は有線放送する場合には、商業用レコード二次使用料を実演家に支払わなくてはなりません。
芸団協CPRAは、この商業用レコード二次使用料請求権を実演家に代わって唯一行使できる団体として文化庁長官に指定されています。芸団協CPRAでは業界団体等と交渉の上、1,000社を超える放送局、有線放送局から商業用レコード二次使用料を徴収しています。徴収した使用料は、権利委任団体を通して権利者に分配しています。


Ⅱ.著作権等管理事業業務:放送用録音使用料の徴収・分配

放送局はその放送のためにレコード実演を一時的に録音することができます。ただし、レコード実演を録音した放送番組を、6ヶ月を超えて保存する場合や、放送以外の目的で使用する場合(ビデオグラム化や他局に販売するなど)は、別途権利者から許諾を得なくてはなりません。
芸団協CPRAは、商業用レコード二次使用料契約において、そのような利用についても包括的に定め、著作権等管理事業者として、使用料を徴収・分配しています。

放送番組等をインターネットで利用する場合

Ⅰ.著作権等管理事業業務:送信可能化使用料の徴収・分配

商業用レコードに収録された歌唱、演奏などの実演(レコード実演)を録音した放送番組をインターネット上で配信する場合、実演家から送信可能化の許諾を得なくてはなりません。
芸団協CPRAは、著作権等管理事業者として、そのような送信可能化使用料の徴収・分配を行っています。


Ⅱ.IPマルチキャスト放送での同時再送信に係る補償金の徴収・分配

IPマルチキャスト放送の事業者が放送局の許諾を得て、放送対象地域内でテレビ放送やラジオ放送を受信し同時に送信する場合、補償金を実演家に支払わなくてはなりません。
芸団協CPRAは、この補償金の徴収・分配を行えるよう整備を進めています。

関連記事