分配業務

芸団協CPRAは、徴収した使用料・報酬等を権利の委任を受けた実演家、権利者に対しデータに基づき定期的に権利委任団体を通じて分配しています。
また、海外実演家権利管理団体と協定を締結し、日本国内で発生した海外実演家の使用料・報酬等をこれらの権利管理団体を通じて分配すると共に、これらの団体から、日本の実演家に分配されるべき海外で発生した使用料・報酬等を受領し、権利者に分配しています。

Ⅰ.データベースを活用した効率的な分配

商業用レコード二次使用料貸レコード使用料・報酬は、放送局、有線放送局、レンタル事業者から使用した楽曲の報告を受け、それに基づき権利者に分配しています。そのため、芸団協CPRAでは音楽作品に関するデータベースと、権利委任団体を通じて登録された権利者に関するデータベースを構築しています。これらのデータベースと、利用者から報告を受けた使用楽曲を照合することで、分配対象となる権利者を特定しています。
効率的に分配することで、作業負担を減らし経費削減にもつながっています。その結果、管理手数料を段階的に下げ、権利者により多くの使用料を分配できるようになってきています。

レコード実演/分配業務の流れ

Ⅱ.海外業務

実演家の著作隣接権等は、世界の国々が加盟する条約によって、国際的な保護の枠組みが整備されています。この枠組みの中で、海外の実演家の権利が日本国内で保護され、逆に日本の実演家の権利が海外で保護されることになります。そして、この仕組みを実務的に機能させるため、各国の実演家権利管理団体は協定を締結し、それぞれの国で徴収した使用料等のうち締約相手国委託権利者分を相互に送金し合っています。
芸団協CPRAは、実演家権利管理団体の国際組織、SCAPR(スカプル)(実演家権利管理団体協議会)正会員として、海外の実演家権利管理団体と積極的に協定を結び、実演家の権利の国際的な保護に取り組んでいます。

<協定締結国一覧>

2015年3月現在

関連記事