SANZUI vol.09_2016 winter

特集 笑い

Photo:Ko Hosokawa

塚地武雅笑いがすべて、仕事で恩返ししています

お笑いコンビ・ドランクドラゴンの塚地武雅さん、近年では俳優としても活躍の幅を広げている。「子どものころから人を笑わせることで、友達とのバランスがとれたり、居場所があったような気がする」。中学のときからお笑いの道に行きたいと思っていた。大学卒業後、一度就職するも辞表を出す。「父親は怒り狂い、母親も泣き崩れた。食えなくても誰に反対されようが、やるしかないと思った」。

事務所の養成所で相方(鈴木拓)と出会い、コンビでのネタづくりが始まった。「モノマネが得意だったから、キャラクターが面白いコントをやってみた。僕の言動をずっとみてクスクス笑っているのを肌で感じて、すごく嬉しかった」。いまや、街でその姿をみかけただけで「うける!」と笑う子も(笑)。ある程度バックボーンを拵えることで、キャラを通した表現ができるようになったのは財産。

バラエティ番組でのコントの評判から俳優のオファーも来た。「お笑いとして培ったものがベースにあって、両方やらせてもらっているのはありがたい」。コンビでは作演出をし、相方に間も細かく指示する監督のような立場だが、「芝居の現場では、監督がああしたい、こうしたい、と言ったらそれが正解だと思って従う。期待に添えるかどうかだけ」。

笑うことは人の安心する感情だと言う。「『悲しい』はすべての人に共通するけど、『笑う』ことはバラバラ。全員ツボが違うのが面白い。災害や戦争のとき、一番いらんような仕事だけど、一番いるような仕事だと思う。好きなだけなんですけど、やりがいを感じてる」と、はにかむ。子どものころ、お笑いをみて幸せだった、それを今、仕事として返している気持ち。「イカ大王の着ぐるみも昔なら見た目じゃなくネタで勝負!と受け入れられなかったと思う。今は、子どもたちが目を輝かして見てくれるのが嬉しい」。

「夢は、ただただ笑える、長い尺の喜劇の映画やドラマをつくること。一番の理想は、自分でやりたい。自分の面白い間は自分がわかる」。常に厳しく自らの表現と向き合って、笑いを追求し続けている。


PROFILE 1971年大阪府生まれ。 1995年に芸人養成のスクール JCAに入り、ドランクドラゴン結成。バラエティ番組『はねるのトびら』出演以降、俳優としても映画、ドラマで活躍。『間宮兄弟』(2006年)では、キネマ旬報、ブルーリボン賞、毎日映画コンクールの新人賞を受賞。 NHK『LIFE!~人生に捧げるコント~』では、イカ大王のキャラクターで人気を呼んでいる。 CD「イカ大王体操第2」を発売中。

SANZUIの著作権は、特に明記したものを除き、すべて公益社団法人日本芸能実演家団体協議会
実演家著作隣接権センターに帰属します。
営利、非営利を問わず、許可なく複製、ダウンロード、転載等の二次使用することを禁止します。

関連記事