SANZUI vol.05_2014 autumn

若き実演家の未来

Photo / Kota Sugawara

夢中になる創造の世界青柳いづみ

 中学から演劇畑。当時の担任に背中を押されて進んだ演劇専攻の大学で、2人の演出家との出会いがあった。「この人たちとともに作品をつくり続けたい!」その一心から舞台に立ち、現在に至る。

 作品は、最終的に俳優である自分の表現を通してお客さんの目の前に現れる。その責任の重さもあり、本番は自分が削られるような感覚、つらい気持ちもあるようだ。「自分は何もつくれない。でも、演出家たちと作品創造することで、思ってもみなかった形になる。演出家のやりたいことは、まだまだあるはず。それを一緒につくっていきたい。」

 舞台は生のメディア、紙面や映像と違って一気には広がらないし、一挙手一投足が違わずに繰り返されることもない。演出家との共同作業で、一番面白い!と夢中に取り組んでいる「いま」をぜひみてほしい。


PROFILE 1986年生まれ。桜美林大学にて演劇を専攻。2007年、藤田貴大率いるマームとジプシーの旗揚げに参加。翌年、チェルフィッチュ『三月の5日間』ザルツブルグ公演に参加。以降、両劇団に平行して出演し、国内外で活動。マームとジプシーは独特の表現手法でも注目される劇団で、2013年に主演した『cocoon』は話題作となった。9月29日~10月13日、東京芸術劇場にて野田秀樹作、藤田貴大演出『小指の思い出』に出演予定。

SANZUI休刊のおしらせとアンケートのお願い

読者プレゼント・アンケートはこちらから


SANZUIの著作権は、特に明記したものを除き、すべて公益社団法人日本芸能実演家団体協議会
実演家著作隣接権センターに帰属します。
営利、非営利を問わず、許可なく複製、ダウンロード、転載等二次使用することを禁止します。

関連記事