SANZUI vol.04_2014 early summer

若き実演家の未来

Photo / Kota Sugawara

世界と向き合うダンサー皆川まゆむ

小学生の時ミュージカルに触れてから、夢はずっとダンサーになること。様々なジャンルのダンスを習ったが、自由なところに惹かれコンテンポラリー・ダンスの世界へ。「全く自分にないものに触れることで表現の幅が広がる」と、舞台に留まらず、他ジャンル公演や、美術館・寺社等でのパフォーマンスなど、表現の場は多彩だ。シルク・ドゥ・ソレイユ登録アーティストでもある。国際的な評価を持つイスラエルのダンスカンパニーに招聘され、昨秋より腰を据えて世界と向き合っている。「昔はステージに上がると観客席が暗くブラックホールのようで怖かった。でも今は、お客様の空気や高揚感を感じながら、自分の心を開いて踊るのが楽しい。せっかく観に来て下さっているのだから、お客様が異空間にトリップできるようなダンスを踊っていきたい」


PROFILE 埼玉県出身。日本国内を拠点に数々の国内外の振付家作品で主役や主要ダンサーを務め活躍、近年では自身での振付活動も意欲的に行う。 昨秋よりインバル・ピント&アヴシャロム・ポラック ダンス・カンパニー所属。最近の主な出演作品として、「ピーターパン」(タイガー・リリー役)、「100万回生きたねこ」、「マシュー・ボーンの『ドリアン・グレイ』」(レディH 役)など。

SANZUI休刊のおしらせとアンケートのお願い

読者プレゼント・アンケートはこちらから


SANZUIの著作権は、特に明記したものを除き、すべて公益社団法人日本芸能実演家団体協議会
実演家著作隣接権センターに帰属します。
営利、非営利を問わず、許可なく複製、ダウンロード、転載等二次使用することを禁止します。

関連記事