SANZUI vol.02_2013 autumn

特集 色

坂本美雨 シンガー/ミュージシャン 人の役に立ちたいという欲求が、私に色を与えた

Photo / Ko Hosokawa   Text / Eiichi Yoshimura

高校生の頃はグラフィック・デザイナーを目指していました。当時から強い色よりは淡い色のグラデーションに惹かれていた。何色ってはっきり言えない色のグラデーションが好きだったんです。

日本語って色を表す語彙がすごく多いですよね。グラデーションの中にあるなんとも言えない色にすごく美しい名前がつけられている。ニューヨークで育ったからこそ、日本語のそういうところが美しいなあといつも私は思っていました。

それまで、自分の歌で強く自己主張するということをしたくなかったし、避けていた。自分を出すのではなく、音楽という崇高なものの源泉みたいなところに無私で沿いたいという欲求があったんですね。

ところが、音楽を作る動機が変わって、そういう意識も変化した。その頃、自分の音楽で人の役に立ちたいという欲求が生まれたんです。デビューから10年たった頃は、実は自分が音楽をやる意味を見失っていて、なんのために歌っているんだろうという迷いの時期でした。自分の音楽で誰かの役に立ちたいという新しい目的を見つけて、自然と歌もイメージもカラフルになっていったんです。

でも、透明だからメッセージがないわけじゃない。透明は無色じゃなくて透明色という「色」だと思う。透明な水が空を映して青く見えるように、いろんな音やメッセージをちゃんと映し出したり、逆に反発したりという色であるべき。私はそんな自分の声を、きちんと芯のある透明色にしたいと思って歌っています。


PROFILE 1980年東京生まれ。音楽家の両親の下に生まれ、9歳のときにニューヨークに移住。16歳のとき、透明感のある声に注目されて、父の坂本龍一(母は矢野顕子)とのコラボレーションでデビュー。その後ソロ・デビューを果たし、多くのアルバム、シングルを発表。音楽活動以外にラジオのパーソナリティー、テレビのナレーションなど美声を生かしての仕事も多い。また、動物愛護活動にも熱心で、愛ネコの「サバ美」も元野良の保護ネコ。

SANZUI休刊のおしらせとアンケートのお願い

読者プレゼント・アンケートはこちらから


SANZUIの著作権は、特に明記したものを除き、すべて公益社団法人日本芸能実演家団体協議会
実演家著作隣接権センターに帰属します。
営利、非営利を問わず、許可なく複製、ダウンロード、転載等二次使用することを禁止します。

関連記事