用語辞典

タ行

著作権 チョサクケン

著作者の権利として定められる権利のうち、財産的利益の保護を目的とする権利で、著作権法21条から28条までに定められている複製権や上演・演奏権、公衆送信権などの権利をいう(著作権法17条1項)。著作権の享有には、どこかの機関に登録したり、届け出たりする必要はない(無方式主義)。例えば、音楽CDを購入すると、その音楽CDの所有権を取得するだけであって、その音楽CDに収録されている楽曲の作詞・作曲家の著作権までを取得するわけではない。また、著作権は、著作物の創作の時に始まり、著作者の死後50年まで保護され(著作権法第51条)る。
なお、著作者に与えられている上演権及び演奏権(著作権法22条)や公に伝達する権利(著作権法23条2項)などは、実演家には認められていない。

関連記事