CPRA news

CPRA news VOL.71

CPRA news VOL.71

【巻頭メッセージ】
P1.著作権行政の当面の課題について 特集 分配業務から振り返る芸団協CPRAの20年の歩み

【特集】
P2.分配業務から振り返る芸団協CPRAの20年の歩み

P6.MOVEMENT
P7.ACTION
P8.CLUMN/ESSAY

CPRA news ONLINE

分配業務から振り返る芸団協CPRAの20年の歩み

芸団協CPRA運営委員(音楽関連分配担当/データセンター担当)
椎名和夫

前号のCPRAnews では、徴収業務の観点から芸団協CPRAの20年を振り返ったが、一方で当然ながらその徴収された使用料・報酬等( 以下「使用料等」という)を分配してきた歴史もある。1971年に開始した商業用レコード二次使用料の団体への分配( 以下「団体分配」という)に始まり、現在では、指定団体ならびに著作権等管理事業者として、下表の権利の使用料等を実演家・権利者に分配を行っている。今回は、その中から商業用レコード二次使用料ならびに商業用レコードの貸与に係る使用料・報酬(以下「貸レコード使用料」という)の国内分配について振り返り、その関連業務についても少し触れてみたい。

関連記事